すぐできるエイジングケア

老けたと言われたくないブログ

マイクロニードルパッチの副作用や危険性を検証 安心して使いたい!

woman in black tank top and black pants

マイクロニードルパッチの気になる副作用危険性を検証していきます。

マイクロニードルパッチはヒアルロン酸でうるおいを与え、お肌をふっくらさせるアイテム。

お肌に貼るだけと使い方もカンタンです。

お肌の衰えが気になる40代以上の世代には、とってもありがたいアイテムですよね。

ただし、乾燥による小じわやハリ不足のケアに効果的でも、副作用や危険性があるなら使えません。

口コミを調べると「副作用がこわいので、使うのをためらってしまう・・・」なんて声もあるんです。

 

  • マイクロニードルパッチの危険性や副作用が気になる
  • マイクロニードルパッチを安心して使いたい

 

ということで、ウワサされているマイクロニードルパッチの副作用や毛危険性を検証していきましょう。

副作用や危険性のリスクを知っていれば、マイクロニードルパッチを安心して使えます

 

aging-care-love.hatenablog.com

 

 

マイクロニードルパッチはがんになる副作用や危険性がある?

f:id:tononekokawaii:20201208172013p:plain

 

低分子ヒアルロン酸発がん性があり、がん細胞を増殖させる危険性がありという東大研究チームの研究結果が発表されています。

mainichi.jp

マイクロニードルパッチは皮膚に貼り、ヒアルロン酸を注入していきます。

がんになる副作用があるなら危険すぎるし、怖くて使えないですよね。

 

実際のところ、マイクロニードルパッチはがんが発生しやすくなる危険性は少ないようです。

なぜなら、マイクロニードルパッチのばあい、ヒアルロン酸が届くのは肌の表面にある角質層までだからです。

ヒアルロン酸注射やヒアルロン酸を入れる豊胸手術などは、角質層よりもっと奥にある真皮層まで浸透させるため副作用が起こる危険性が高くなってしまうのです。

マイクロニードルパッチは当てはまらない副作用や危険性といえるでしょう。

マクロニードルパッチは皮膚を壊死させる副作用や危険性がある?

f:id:tononekokawaii:20201208172824p:plain


マイクロニードルパッチには、皮膚や血管が壊死する副作用や危険性はほぼないと思われます。

調べていくとヒアルロン酸注射をして目や鼻の周辺の皮膚が壊死した、失明したという報告があるとわかりました。

そんな副作用があるなんて、「ヒアルロン酸のニードルパッチって危険性が高いんじゃない?」

と思ってしまいますよね。

しかし、これはヒアルロン酸自体が起こした副作用ではありません

ヒアルロン酸注射をした医師の技術が低く、血管を圧迫する場所や血管自体に注射をしてしまったのが原因なのです。

マイクロニードルパッチでは、心配しなくてもよい副作用や危険性でしょう。

もしクリニックなどでヒアルロン酸注射をするなら、腕が良く評判が良い医師に施術してもらったほうが良いですね。

 

aging-care-love.hatenablog.com

 

マイクロニードルパッチは内出血の副作用や危険性がある?

f:id:tononekokawaii:20201208173155p:plain

マイクロニードルパッチはヒアルロン酸が針のようになっています。

皮膚に刺すことにより、内出血の副作用が起きる危険性があるなんてうわさがあるようなのです。

結論をいうと、マイクロニードルパッチに内出血の副作用や危険性はありません

ヒアルロン酸注射のように、内出血が起きるほど深いところまで針が刺さるものではないためです。

ヒアルロン酸注射をして内出血が起きたという口コミが、マイクロニードルパッチで内出血が起きたと変換されてしまい、広まってしまったウワサにすぎないと思われます。

マイクロニードルパッチはかぶれやかゆみの副作用や危険性がある?

花粉症つらくてマスク必須でも目がやられてる

マイクロニードルパッチを使ったら、かぶれやかゆみ、赤みなどの副作用があったという口コミがあります。

敏感肌でも使いやすいように、刺激が少ない処方にしているマイクロニードルパッチは多くなっています。

しかし、どんな肌でも絶対に合うとは言い切れません。

肌質によっては、かぶれやかゆみが起こってしまう副作用や危険性はあるしょう。

 

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分ですし、副作用が少ない成分として知られています。

ただ、マイクロニードルパッチは100%ヒアルロン酸というわけではなく、ほかの成分も使われています。

アレルギーがある方、肌が弱い方は配合成分を確認してから使用するのがおすすめです。

 

ちなみに、国内売上ナンバーワン『ヒアロディープパッチ』の成分は以下のとおり。

▼『ヒアロディープパッチ』全成分▼
ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチンコレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

オイルゲルシート部分>
スクワラン、水添(スチレン/ブタジエン)コポリマー、(スチレン/イソプレン)コポリマー

 

 

aging-care-love.hatenablog.com

 

aging-care-love.hatenablog.com

 

マイクロニードルパッチは痛いのが副作用?

「頭を抱えて叫ぶ女性(ロシア人)」の写真[モデル:モデルファクトリー]

マイクロニードルパッチは、針で刺すのに抵抗がある・・・という方もいます。

針で刺す=痛い

となり、「マイクロニードルパッチって痛くてイヤ!」と思うのでしょう。

 

マイクロニードルパッチは針で刺すとはいっても、注射針のように細く長い針ではありません。

針はヒアルロン酸でできていて、刺すときに痛いというよりもちょっと違和感があるという感じです。

私も最初は刺すのがちょっとこわかったんですけど、使ってみると「こんなもんか」って感じでした。

我慢できないような痛みではありませんし、痛みが健康被害を起こす危険性があるわけでもありません

マイクロニードルパッチは危険なものではありませんし、痛みは副作用には入らないでしょう。

 

aging-care-love.hatenablog.com

 

マイクロニードルパッチは副作用の危険性が少ないから使いやすい

マイクロニードルパッチを検証してみた結果、副作用や危険性は少ないことがわかりました。

ヒアルロン酸注射よりも危険性は少なく、安心して使えるといえるでしょう。

私も定期的に使っているのですが、副作用的なものを感じることはありません。

 

ただ、100%の人の肌に合うとは言い切れない部分があります。

肌質によってはかゆみやかぶれなど、副作用的な問題が起きる危険性はあります。

もしトラブルが起きたときは無理に使い続けず、使用を中止しましょう。

かゆみやかぶれなどは、品質が良くないマイクロニードルパッチで多く報告されているようです。

なので品質が高いマイクロニードルパッチを選ぶのがおすすめなのですが、どれが品質が良いのか悪いのかを見極めるのは難しいですよね。

  • 価格が低すぎる
  • よくわからないメーカーが販売している
  • 日本製ではない

上記3つの特徴があると、品質が怪しいマイクロニードルパッチの可能性が高くなるので注意。

副作用の心配なく安心・安全に使用したいなら、避けるようにしてくださいね。

 

 

日本で一番売れてるマイクロニードルパッチはこちら⇓
ヒアロディープパッチ

 

 

aging-care-love.hatenablog.com